• ホーム
  • レスポンシブウェブデザインのサイトってどういうもの?

レスポンシブウェブデザインのサイトってどういうもの?

サイトを作成するときには、レスポンシブウェブデザインを意識しておくことが大切です。レスポンシブウェブデザインとは、利用者の画面サイズやブラウザなどに合ったデザインの手法を言います。昨今では、それぞれの方が様々な端末を使ってホームページを閲覧します。ある人には見やすくて、ある人には見にくいというホームページを作ってしまうとどうしてもアクセス数が少なくなります。そこでレスポンシブウェブデザインを実現し、誰もが見やすい状態を作ることが重要といえるでしょう。

タブレットでも使いやすい設計にすることは非常に重要となります。パソコンとタブレットではメニューの位置などが異なることもあります。どちらでアクセスしても使いやすいように工夫をすることが幅広い方にアクセスしてもらうことに繋がります。

初期設計の段階からレスポンシブウェブデザインを意識することが大切ですが、まずはスマートフォン向けに作って後から対応できる機能を追加することも有効です。スマートフォン向けのサイトは作りやすいので、この手順にすることによりサイトの完成が早くなることもあります。いずれにしても、初期設計の段階で柔軟性の高い内容にしておくことが大切といえるでしょう。

サイトを作成する際にはユーザーの視点を持っておくことが欠かせません。使用するユーザーから見やすいと思ってもらうことができれば、何度も利用してもらえる可能性が高くなるからです。一部のデバイスからでないと見やすくないという場合は、利便性を大きく失ってしまうことにもなります。見やすいかどうかについては自分でアクセスして確認しておくことも有効です。

デバイスごとに特徴が異なることにも注意しておきましょう。例えばスマホの場合は物理ボタンがないケースもあります。そこでスマホに対応させるために画面上に必要なものを揃えておくことが有効といえるでしょう。スマホ向けであっても、PC向けであっても基本的に作り方は同じです。サイト作成のサービスを行っている業者を利用した作り方をすることもできます。

中にはPCでないとなかなか順調に再生できない動画の貼り方などもあります。そういったものを採用してしまうと、スマホやタブレットの利用者に不便と感じられる可能性が生まれます。それゆえにどのようなデバイスを使っている方にとっても、メリットがあるサイトの作りにしておくことが非常に重要といえるでしょう。それぞれの作り方にはメリットがあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧