• ホーム
  • 新規ドメインと中古ドメインの違い

新規ドメインと中古ドメインの違い

パソコンを使用している女性

ウェブサイトを作成するときに重要となるのがドメインです。
新規ドメインを使用するのか、中古ドメインを使用するのかによってその後の状況が大きく変わることもあります。
サイトを作るからには新規ドメインで開始したいと思う方もいるかもしれませんが、中古ドメインのドメインパワーは侮りがたいものがあります。

中古ドメインの場合はドメインエイジを重ねていることから、インデックスされる速度が一般には速いとされます。
手っ取り早く、検索上位への表示を狙うのであれば中古ドメインを使用することが有効といえるでしょう。
以下に、中古ドメインの効果について引用してみました。

新規ドメインの場合、インデックスやクローラーに発見されるまでの期間や検索エンジンからの評価が安定するまでの期間が、最低でも約6か月間ほどかかってしまいます。 また、不安定で不安な6か月を耐えて安心していたらエイジングフィルターという厄介なものが適用されてしまう可能性もあるのです。 エイジングフィルターの影響はサイトの順位が極端に下がってしまったり、圏外に飛んだり、インデックスから姿を消すなどサイト運用をしている意味がなくなるほどの損失になってしまいます。

引用元:【SEO効果】中古ドメインのSEO効果の持続期間について | SEO対策に「アクセス中古ドメイン」

新規ドメインを選んでも、中古ドメインを選んでもホームページの見た目に何ら影響を及ぼすことはありません。
それゆえにドメインエイジの観点から検索表示に有利な中古ドメインが、アフィリエイトサイトではよく使われる傾向があります。

サイトによってはリダイレクト設定がなされることも少なくありません。
リダイレクトとは、そのページにアクセスすると自動的に他のページへと移動する仕組みを言います。
利用者が望んでいるサイトに自動的に移動されるのであれば、利便性を高めることにもなりえますが、不本意なサイトに移動させることは大きな不便となります。
それゆえにリダイレクト設定をする際には利用者が望んでいることかどうかが重要といえるでしょう。

バックリンクを増やすこともアクセス数アップに繋がります。
中古ドメインを使用した方がドメインとしての信用を得られやすく、バックリンクを増やしやすいとされます。
一方で、中古の場合はそれまでにどのようなサイトで活用されてきたか分からないというデメリットもあります。
メリットばかりではありませんが、中古ドメインのデメリットとメリットを比較するとメリットの方が大きいケースが多いのでよく使われています。

サーバーの運用期間によって信用性が変わることにも注意しておきましょう。
サーバーの運用期間が徐々に長くなっていくことにより、様々な評価を得られやすくなることもあります。
新規ドメインを取得することにもメリットはあるので、SEO効果を高めるために活用されることが少なくありません。
新規にしても中古にしても、サーバーやSEO効果への影響を踏まえて選択する必要があります。
Googleのアルゴリズムが変化したことにより、ドメイン取得の際の選択の重要性が一層高まっています。
その選択次第で、リリーズ直後のインデックス状況が変わることも珍しくありません。

関連記事