• ホーム
  • 最低限行うべきSEO施策とは?

最低限行うべきSEO施策とは?

サイトのURL

SEO施策を実施する際にまず重要となるのが、独自コンテンツでの運用をするということです。独自コンテンツでなければ、コピーサイトではないかと思われてしまうことがあります。あくまでオリジナリティを持ってサイトを構築していくことが大切です。ページ表示速度についても注意しておく必要があります。ホームページにアクセスすると、様々なページに移動することになります。その際に表示される速度が遅いとどうしても不便に感じられてしまいます。不便なサイトだと思われた場合、なかなか2回目以降のアクセスをしてもらえない可能性が高まります。それゆえに可能な限りページ表示速度が速くなるように工夫し、何度でもアクセスしたいと感じてもらえるようにすることが重要といえるでしょう。

キーワードが明白に決まっているかどうかも重要です。多くの方は検索エンジンからそのサイトへとアクセスをします。キーワードが定まっていないサイトの場合は、検索エンジンでなかなかヒットしないケースも起こりえます。そこで自分のホームページにおけるキーワードを明白にすることがSEO対策で有効となります。

サイトにアクセスしたときには404ページが表示されることもあります。404ページとは何らかの理由で本来のページを表示できないときに、表れるページです。多くは元のページが削除されているときに表示されます。このページが表示されてしまうと、ホームページの運用状況があまり良くないのではないかと思われてしまいます。そのため、ページを削除した場合はリンクしている箇所も含めて修正を行い、可能な限り404ページが表示されないようにしておくことが大切です。

SEO施策においてはタイトルも重要となります。タイトルを見てサイトへのアクセスを決める方も少なくありません。それゆえにタイトルは内容をよく表したものにしておくことが有効です。

ウェブサイト内でのウェブページの位置を、一覧として示したものをパンくずリストと言います。パンくずリストを整えておくことも重要となります。descriptionをしっかりと表記し、ホームページの階層を整理しておくことが大切です。descriptionがあるかないかによって大きく印象が変わります。

ホームページを作るときは階層によってテーマを決めることも有効となっています。ウェブサイトにおいて画像の代替となるテキストのことをaltと言います。テキストブラウザにおいてaltは非常に重要となります。セキュリティ性も重要なのでSSL化することも大切です。SSL化していると安心してアクセスしてもらいやすくなります。

関連記事