• ホーム
  • Google Analyticsでサイトへの流入を監視しよう

Google Analyticsでサイトへの流入を監視しよう

ウェブサイトを作成することには様々な目的が考えられます。中でも商品を販売するためにウェブサイトを作成することは少なくありません。実際にサイトを訪れた方がどのくらいの割合で商品購入など、運営元の目的の達成に繋がる動きをすることをコンバージョンと呼びます。コンバージョン率を高めることは、多くのサイト運営者にとっての目標となっています。コンバージョン率を上昇させるためには、それまでの利用者の動きを分析することが重要となります。その時に役立つのがGoogle Analyticsです。

Google Analyticsは、自サイトにアクセスした方がどのような動きをするかについて確認することができます。ユーザーがアクセスした後にどのくらい商品購入をしているのか、どういったサイトから自サイトへと移動しているのかを知ることができます。ユーザーがページを見てすぐに帰った割合もチェック可能です。それは直帰率と呼ばれるものであり、アクセス数が高いにも関わらず、直帰率が高かった場合ページのコンバージョンへと導く要素が希薄であるといえるかもしれません。このようにGoogle Analyticsはサイトの状況を細かく分析する上で非常に役立ちます。

自然検索からのアクセス率を調べることもできます。自然検索とは、検索エンジンなどを使用して検索することを指します。つまり、通常の検索のことです。どのようなキーワードを入力して検索しているのかを知ることができるので、ユーザーの求めている情報を推測することが可能となっています。その内容を確認し、ページの更新の際に活用するということもできます。

ユーザーの情報を確認できるケースもあります。通常のログインしていない状態でサイトへのアクセスがあったとしても、その方の情報を得ることはできません。しかし、ログインを行った上でアクセスした方の年齢や性別などはある程度知ることが重要となります。場合によっては地域についても把握することができます。ただし、そういった情報は統計として知ることができるのであり、プライベートな情報を得られるわけではありません。サイトの分析を行っても、閲覧者のプライバシーは守られます。地域によってアクセスするページに違いがあるかもしれません。ユーザーの流入など行動を知り、予測することがSEO対策になります。どんな年齢や性別の方がどのサイトから流入し、ユーザーがどんな行動をするかは非常に大切な情報です。

関連記事