退職の正しいやり方とは。本来やるべきこと、できないこと

未分類

退職自体は本来は別に難しいことではありません。会社にもよりますが、中には直接上司に口頭で伝えることで済むこともあります。でも、それが通らない時は何かしらの原因があります。

退職の正しいやり方01
Rosegardenさんによる写真ACからの写真

この会社を退職します。と伝えてしまった後では気まずくなることも大きいですし、何が良くなくて退職を認めてもらえないのか。という点をあらかじめ知っておきましょう。

退職の正しいやり方。民法と一般的な会社規定

退職の正しいやり方02
トミートムトムさんによる写真ACからの写真

退職を申し出て、あと腐れなくしっかりと会社を辞めるために。まずはその「退職の申し出」のタイミングについて知っておきましょう。

民法の規定であれば。

民法における規定も、そもそもが雇用期間でも分かれます。1年未満の雇用期間が契約によって定められている場合には、よほどのこと(家族や家の不幸など)がない限りは期間が満了するまでは勝手にやめてはいけないということになっています。※民法628条

また、雇用期間が1年を超えている場合。もしくは正社員のように期間を決めずに雇用される場合には申し出から2週間経過すると雇用契約を終了することができると定められています。※民法627条

このように、まずは法律で抑えられている部分はどうなっているかということも知っておきましょう。

一般的な会社における退職規定

会社における退職の規定は、個々の会社の規定によりマチマチです。しかし、基本的には「次の人への引継ぎ」や「自身の残り仕事の処理・対応」などが重なるので、最低でも1か月、取れれば3か月ほどを見込んで退職を申し出る人が多いでしょう。

どんな職務についているかでも変わってきますが、可能であれば自分の業務の手順を書いた手順書のようなものがあると喜ばれます。

また、昔ながらのやり方を世襲してきたような会社であれば、引継ぎは難しいかもしれません。ですが、職人や業務を取り行える人が一人しかいないという会社はほぼ本末転倒です。

後任が育っていないという意味合いであれば、仕方ない部分もあるかもしれませんがそれでも期間をはっきりとさせておくだけでも「尻に火をつける」という意味あいでは十分でしょう。

いずれにせよ、退職すると決めたならそこからはとにかく「自分のため」にどう動くかを考えて動くべきです。

退職の正しいやり方。おかしいな?と思えることを無理やり納得しようとしないこと。

退職の正しいやり方03
acworksさんによる写真ACからの写真

例えば、有給を消化させてほしいであるとかですね。辞めるやつが有給を消化するなんて考えるなんておかしいだろう?と昔ながらの考え方が通ると思っている会社ではこういうことを本当に言ってきます。

まぁ、しっかり仕事もせずに余計な事ばかり増やしていくような人であれば、ふざけんなよと思ってしまう社員はいてもおかしくはありませんが。

しかしそれでも、有給があるなら消化することができるのは社員の権利です。もしも残っているのであればしっかり消化できるようにスケジュールを調整しましょう。※別にしなくても問題はありませんが、せっかくとれる休暇はしっかりとってしまいましょう。

ただ、そもそもがイレギュラーな場合もありますのでそこで注意をしておきましょう。

何をいっても、やめさせてくれない。

そもそも取り合ってくれない。仕事に集中しろとしか言わない。などという場合にはまともに話すことをあきらめてしまったほうが話は早いかもしれません

いっそのこと、休暇届を紙で出しておいて後日休んでしまうという方法もあります。これをやると上司は「誰が休んでいいといった?」などと文句を言ってくる場合もあります。ですが、そもそも話を聞かない上司と会話をする必要性があるかと言えばどうなんでしょう?

最悪、家の事情で外せないので恐れ入りますが何卒よろしくお願いしますなどと言って逆にごり押してしまいましょう。

こんな場合にこそ、退職代行を検討すべきなのでしょうね

退職の条件に合う環境づくりまで、ず~っとのらりくらり

綺麗にやめようとすると、みんな「〇〇ができる後任が育ったら、退職させていただきます」というような言葉を退職の申し出として上司に言ったりします。実はこれは一番「言うべきではない言葉」であることを知っていますでしょうか?

これは簡単な話。あなたが上司であったとして、”仕事のできる優秀な社員”が人が育ったら辞めます。と言ってきた。そもそもの“後任がいないならば”辞めないかもしれない。と考えませんか?

さらに言えば、”見つからないから仕方ない。もう少しだけ待ってくれ”と時間を稼げば”考えを変えて退職希望を取り下げてくれるかも”などとずるずる粘ることが考えられます。

仕事のできる優秀な人材は、「安い賃金で、長く働いてほしい」が会社の強い本音。当然、当人の気持ちなんておかまいなしです。会社からしてみれば、「会社として雇って”やった”のに、今更辞めるなんて」などと勝手に憤っていることもあり得ます。

だからこそ、嘘っぱちでも結構ですので「家の金銭事情や、母の介護が必要になるのでどうしても〇月には退職しなければならないのです。」と退職する期日を決めておくことが必要なのです。

この期間を余裕持たせて言っておけば、信ぴょう性が増します。会社サイドも「そんなに大変なのに期間を設けてくれたなら、応えなきゃだな!」と動いてくれます。

大事なのは、「尻に火をつけること」。ライターを見せるだけでなく、しっかりと火がついていることを会社サイドに自覚させることが肝要なのです。

退職の正しいやり方。嘘をついても甘い顔をみせないこと。

以上が、退職する際の正しいやり方についての記事になります。そもそも、退職しますって言いだしてそれを聞き入れてもらうというやりとりにおける話でもあります。

ともすれば、事前だっての準備は普通ならとても大事になることは互いに理解をしていてしかるべき内容です。

でも、それも危うい会社というのはどこにもあるものです。今回の記事はあくまで一般論にすぎません。自分の会社がどういう会社なのか上司がどういう人物なのか

無理を通せるのか、そもそも言い出してもそれこそが「無理」なのか。

下手なことを口にする前に、入念な下調べを「絶対に」忘れないようにしてください

これらすらも最早通じない、通じなさそうな会社であるときは退職代行をうまく使ってみましょう。辞めた後に綺麗な体でいられることは思っている以上に楽なことなのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました